• 「99%離婚 離婚した毒父は変われるか」

    特設ページ

    中川瑛・原作、龍たまこ・漫画 KADOKAWA

    broken image
  • Story

    あらすじ

    broken image

    暴力的な父の元で育った娘、奈月

    父親には「毒親」と伝え絶縁したものの、大人になっても被害の記憶が鮮明に残っている奈月。一方で、職場やパートナーとの関係においては加害的になることもあり、その度に自己嫌悪に苦しみ、父親への憎しみを抱えて生きています。

    broken image

    暴力的な父から変わった男、鳥羽

    前作「99%離婚」では、DV加害者である翔の変容に大きな影響を与えた「仏」のような上司である鳥羽。自分の加害性を認め、周囲から見ても学び変わったように思える彼は、生きづらさを抱えた娘とどう関わることを選ぶのでしょうか。

  • Warning

    注意事項

  • Impression

    読者の方の感想

  • Event

    出版を記念して様々なイベントを開催中!!

    broken image

    2024年3月16日土曜日14:00-15:00

    漫画を描いてくださった龍たまこさんと一緒に「告知開始記念」としてtwitterスペースを開催します。当日はこちらからぜひご参加ください。

     

    録音はこちら

    broken image

    2024年4月13日土曜日20:00-21:00

    龍たまこさんと一緒に「ネタバレあり」の、制作秘話や苦労話、本作に込めた思いを改めてお話しするイベントです。

     

    twitterスペースはこちら

  • Message

    作者からのメッセージ

    broken image

    龍たまこ・漫画

    今回は、親子間のハラスメント、虐待がテーマです。いわゆる毒親と呼ばれた父と、その娘が主人公として登場します。

     

    毒親育ちである娘の生きづらさとはどんなものなのか? 毒親と呼ばれた父のその後の生き方は? 今回の大きなテーマは「ゆるし」です。

     

    毒親育ちの方、毒親と呼ばれた方、自分が毒親かもしれないと思っている方、是非手に取って読んでいただければと思います。

     

    著者プロフィール:3人の子どもを育てるマンガ家。1981年生まれのシングルマザーで、保育士の資格を持つ。ライブドア公式ブログ「新・規格外でもいいじゃない!!-シングルマザーたまことゆかいな子ども達-」をほぼ毎日更新中。著書に『規格外な夫婦』(宝島社)、『母親だから当たり前? フツウの母親ってなんですか』(KADOKAWA)がある。

    broken image

    中川瑛・原作

    僕は、人は学び変わることができると信じています。そして、謝ることや償うことが遅すぎるということも決してないと思っています。

     

    でも、だからといって被害者が加害者を許さなきゃいけないわけじゃない。許さなくたって幸せになれる。

     

    そして加害者もまた、償うことを通して、たとえ被害者に許されなくても幸せになりうる。そんな思いを込めて原作を描きました。

     

    著者プロフィール:モラハラ・DV加害者変容に取り組む当事者団体「GADHA」代表。妻との関係の危機から自身の加害性に気づき、ケアを学び変わることで、幸せな関係を築き直した経験から団体を立ち上げる。現在は加害者個人だけではなく、加害的な社会の変容にも取り組んでいる。

  • Recommendation

    コミックを読んでくださった方々からの推薦メッセージ

    broken image

    特徴1

    テキスト セクションを使用して、価値観を説明したり、詳細情報を表示したり、トピックを要約したり、ストーリーを伝えたりします。

    broken image

    特徴2

    テキスト セクションを使用して、価値観を説明したり、詳細情報を表示したり、トピックを要約したり、ストーリーを伝えたりします。

  • Books

    原作者の近著

    broken image

    99%離婚 モラハラ夫は変わるのか

    中川瑛・原作、龍たまこ・漫画

    KADOKAWA

     

    パートナーシップにおいて加害的な人間は、まず間違いなく子どもに対しても加害をすることになります。また、パートナーに対する加害は、子どもに対する面前DV、暴力への暴露になります。逆に言えば、パートナーへのケアを始めることや、加害者も変われるという具体例を示すことが、子どもに加害を連鎖しないための極めて重要なアクションです。

     

    2022年12月26日発売

    Amazonはこちら

    broken image

    若者のための死の教科書

    第1章を執筆しています。僕は、自分が遺伝・環境要因が絡んで加害者になったことを自覚した時「こんな僕は、決して子供を持ってはいけない」と思いました。皆さんも考えたことがあるかもしれません。新しい命を生み出すことの責任を考えました。結論を先に述べると「いくつかの条件を満たせば、新しい命を迎えても良い」と思うに至りました。

     

    2022年11月30日発売

    Amazonはこちら

    broken image

    孤独になることば、人といきることば

    中川瑛・著

     

    毒親と呼ばれた人は、子どもと縁を切られているか、疎遠になっている可能性も少なくありません。呼ばれる恐れがある人も、心を許せる友人が多くなかったり、いつか縁を切られる不安を抱えているのではないでしょうか。孤独は、本当に恐ろしいものです。「誰も自分と共同解釈をしたくない」という事実は、死を願うほどの痛みがあります。

     

    2023年3月29日発売

    Amazonはこちら

    broken image

    ケアリング・ワークプレイス入門

    中川瑛・著

     

    職場において加害的な文化や考え方、コミュニケーションを身につけ、それを家庭に持ち込む人はたくさんいます。それは20年後、30年後の「毒親」になるための、最も簡単な方法と言っても過言では無いかもしれません。そんな職場自体を、ケアする場にできるはずだと信じて書いた一冊です。

     

    2023年10月21日発売

    Amazonはこちら

  • Communities

    関連するコミュニティはこちら

    broken image

    PaToCa

    学び変わりたいと願う、 「毒親」と子どもに言われた人のためのコミュニティです。

    broken image

    GADHA

    大切な人をもう傷つけたくない、学び変わりたいと願うモラハラ・DV加害者のためのコミュニティです。

    broken image

    CoNeCa

    学び変わりたいと願う、「怖い職場」を作ってしまう人たちのためのコミュニティです。

  • broken image

    99%離婚

    DV毒父は変わるのか

    2024年4月2日発売

    Amazonはこちら

  • Inquiry

    お気軽にお問い合わせください

    72時間以内にgadha.jpから連絡がない場合、

    迷惑メールフォルダのご確認もお願いいたします